来たね。










偶に、病気なんじゃないかなと思う。絶不調。あー、
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-11-10 01:36 | 日常

NO.67

痒い

かゆい

カユイ

引っ掻き傷だらけ。

掻くなって?

それは無理だよ

だって痒いんだから

痒さが痛さに変るまで

肌の色が変色するまで

引っ掻くよ

そう、

ずっとね

ずっと。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-11-09 00:37 | 日常

矛盾

冷たい風が目にしみんだ

目が渇くんだ

なのに

なのに

なんで涙は出る?

死にたい

死にたいって

言ったって

死にゃあしない。

人間が

嫌いだって

言ったって

繋がりを切りゃあしない






人間は膨大な

矛盾で出来てる。

面倒だね。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-11-07 22:10 | 日常

1/fゆらぎ 

ゆらゆら

ふわふわ

きらきら

寄せては

帰す

上っては

下がる

いつか

また

光の

粒子が

見える時



音の

温度



感じる時



来るの

かな
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-11-06 20:23 | 日常

ああ、そうか。

理由あって

嫌いはある。

理由あって

好きはない。

でしょ?
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-11-03 23:11 | 日常

マゼンダ

もっと、

もっとね、

敏感になってよ、

色に。

そうすれば、

世界は変わる。

色褪せないよ、

きっと。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-11-01 19:30 | 日常

色彩

水色に

少し混ざった

黄色

儚い。

単純に

白と青で

出来た水色は

優等生すぎる。

そんなんじゃ

ツマラナイ。

つまらない。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-30 09:43 | 日常

眩暈

じっと見つめると

歪む視界。

振り向くと

廻る世界。

目を瞑ると

ちかちか

ふわふわ。

火照り続ける頭は重い。

でもね、

見えるんだよ、

皆も見えたら、

きっと、もっと

楽しい。

何だと思う?
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-29 11:23 | 日常

紋白蝶。

残酷だね。

いつだってさ

欲しいモノは

近くにあって

遠い。

だったら

傍にいなければ

欲しがらなければ

いいのに。

馬鹿だね。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-28 20:15 | 日常

赤く

ほら、

赤いよ

夜。

こんな夜に降る雨は赤い?

そう、そうだよ、

少し出っ張った肩甲骨も

願い続ければ

そう、

ねずみ算式に増えてく

子孫の末端には

羽根の生えた赤ん坊が生まれる。

願えば人類は日々進化する。

もし、

その時が来たら

赤く染まる夜に

赤い雨降らせて

祝福して。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-28 00:56 | 日常

わかって。

違うよ、

五感から脳に送って

どう思ったのかなんて

知りたくないし

興味ない。

五感で感じて。

そう、

五感で。

送る情報なんて

最小限でいい。

好き。

嫌い。

それだけでいい。

あれ?

矛盾してるか。

ま、いいか。

そんな時もある。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-26 19:10 | 日常

雑音。

ねえ、

もう少し

もう少しでいいから

ここに居てくれないかな。

駄目かな。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-26 01:46 | 日常

時雨

抽象的な

中傷的な

中小的な

チュウショウ的な

ちゅうしょう的な

象徴なんて

消えてなくなればいい

そう思う反面

求めているのかもしれない

馬鹿馬鹿しい。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-25 20:32 | 日常

白昼夢

重なった

重なった

重なった

重なった



海に出よ?

で、

水母みたい



ふわふわ

フワフワ

大気に

飛ぼ?
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-24 01:41 | 日常

自己分析。

心底面倒くさい性格だな、と改めて思った。

反省中。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-23 00:25 | 日常

エンドレスジェンガ

アナタは

膨大な数の歯車から

新たにどの歯車を咬ませる?
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-21 17:08 | 日常

サイレンス

それは

とてつもなく

鮮やかで

儚い。

色褪せるモノなんて

最初から

そう、最初から

持たなければいい。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-20 20:00 | 日常

響く揺れる捻れる

見える?

見えてるの?

群青の端。

聴こえる?

聴こえてるのかな?

紅色の奥。

数珠繋いだ言葉が

鳴く。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-19 00:56 | 日常

柔肌にBadCat

アナザーストーリーなんて無い

この世界すべてはモノローグ

そう、モノローグ。

結局は1人。

きっと、

この長い長い時間は

プロローグもエピローグも存在しない

濃厚な退廃的ストーリー?

夢オチ?

そんなもん無いね。

五感で触れたモノがすべて。

ソレが現実。

わかってるから、

うん、分かってる、

解かってるって、

判ってる?

きっと、別ってるよ、

ワカッテルから、







DEAD ENDだけは勘弁して。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-18 11:16 | 日常

・・・。

今住んでるトコのすぐ目の前、

そう、目の前にある小さな公園の周りを

自転車でぐるぐる回ってる青年がいます。

去年の同じ時期によく見かけた馬鹿なんだろうか、

それとも、ただ単にバターになりたいだけなんだろうか。

どちらにせよ、馬鹿に変わりはないな。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-18 02:22 | 日常

マダ見ヌ君ヘ

笑って







許して







そして







嘲笑って
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-17 21:29 | 日常

ラストバタフライ









誰か自己嫌悪ディレイ、オフって。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-17 00:29 | 日常

NO,15

ヤツの一眼に自分が写る。

不思議。

久し振りに味わったこのタイム感。

言葉投げて投げ返されるのをリバーブ深めでゆっくり待つ感じ。

今は、ただ、ただ懐かしいだけ。




驚いた。

香水変えたか聞かれた。

私は高校時代から基本変えていない。

ホワイトムスクの匂い。

でも、少しの間、ほんの少しの間、

違う香水を使ってた事があった。

その匂いをヤツは覚えてた。

そこまで強い印象を与えてしまったのだろうか。

記憶に染み付いた匂い。

匂いに染み付いた記憶。

どっちが切ないだろうね。

私は匂いで何人の人を思い出せるだろうか。

匂いで何人の人が私を思い出せるだろうか。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-16 21:03 | 日常

狂える唇。

手を伸ばした先に何があった?

何故手を伸ばした?

何故掴もうとした?

結局は何をしたかった?

何が出来た?









なぁーんも分かんね。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-15 02:02 | 日常

わからない。

最近ね、

1人でいると

駄目だわ。

変に考え過ぎちゃって

矛盾して

本心が分からなくなって

泣きたくなる。








メンタルこんな弱かったっけかなぁ。

マズイなぁ。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-14 06:56 | 日常

NO,17

ユガンダ

感情ト

ヒズンダ

人生ハ

元ニ

戻ラナイ

ケド

別ノ人生ニ

色ヲ

塗リタイトイウ

願イハ

育ツ














現実ハ欠落スル
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-12 17:00 | 日常

思ったんだけどさ。

三日月の

薄っすら見える

影の部分

好き。

雨の日に

キツく香る

金木犀

好き。

届きそうで

届かないモノ

好き。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-12 03:46 | 日常

どうしようもない









あまのじゃく。アマノジャック。天邪鬼。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-11 02:13 | 日常

んー。

何が起きる?

起こるのか?

自分から起こすつもりはない。

とりあえず

会う、か。

男が女の考えてる事分からないって言うけど

女だって男の考えてる事なんて分からない。

むしろ同性だって何考えてるか分からない。

要はそういう事。

とりあえず

その時間を楽しむ、だ。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-10 16:16 | 日常

消滅願望?

知らない間に穴が開いた

そいつは無限ループブラックホール

そいつにすべてをくれてやった

からっぽ

そう、からっぽ

何も無い。

残ったのは気の抜けたサイダーみたいに甘い

甘ったれ人間。

あー

駄目だ。

駄目人間。

プレッシャー?

なんだそれ。

なんか

もう

どーでもいいや。
[PR]
# by ivy-ntk22 | 2006-10-09 15:49 | 日常