<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

物語

きっと誰にでもある物語

きっと誰にも知れない物語

そう、主人公は君自身

何通りもの幸せのカタチがあって

何通りもの不幸せのカタチがあって

何通りもの生き方があって

何通りもの死に方がある







あぁ、なんだかくだらないな。
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-31 00:29 | 日常

最大級の愛情を込めて。

”ばばあ”が今日の夕方、三途の川を渡った。

26歳の私を思い出す前に旅立ってしまった。


”ばばあ”は脳関連の病気はなんでもやってきた。

脳卒中、脳梗塞、脳動脈瘤などなど。

でも生きてた。

不死身だと思ってた。


思えば、自分は”ばばあ”っ子だった。

共働きの親の代わりに常識的な躾は教わった。

そういえば、”ばばあ”の作った煮過ぎたうどん、

また食べたかったな。

高校時代、

1回しか着てないヴィヴィアンのシャツを洗濯ミスで色染められ

ブチ切れして大喧嘩したっけ。

”ばばあ”はとてつもなくファンキーだった。

なんでも投げる。

”ばばあ”の切れっぷりは家族イチ。

ヒステリーおこして包丁を持ち出したほど。

でも、離婚したり子育て放棄したりと波乱万丈だったけど

それ以上に人生楽しんで歩いてたというか突っ走ってた。

大往生だよ。

だって大正生まれだもん。

”ばばあ”充分なぐらい楽しんだんだね。

また好きな旅行にでれるよ。

もう誰にも文句なんて言われないから

楽しんでおいで。







そのうちリベンジしに行くから待ってやがれ。




































最大級の愛情を込めて。
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-27 23:51 | 日常

なんで?

小学生の頃、図工の時間

粘土で自分の足のレプリカを作る課題があった。

すごい頑張った。

外反母趾気味で出っ張った関節の曲線

タコで膨らんだ小指

ごつごつしたくるぶし

滑らかな甲。

気持ちが悪いぐらいそっくりなモノが出来た。

足のサイズも当時の大きさピッタリ。

私は嬉しくて嬉しくて粘土が乾くのも待てず

すぐさま先生に見せに行った。

そしたら

『もっと小学生らしいモノを作りなさい』

『あなたに比べて○○ちゃんの作ったものは人間味あるでしょ?』

『指紋の1つでもあった方が作品らしいでしょ?』

と。

小学生らしいって何?

人間味って何?

作品らしいって何?

すごく、すごく悲しかった事を覚えてる。

その学期の図工評価は上中下でいうと”中”。

家に持ち帰った足のレプリカは気持ち悪がられ

いつの間にか押入れに追いやられ

中学の時の引越しの時には跡形もなく無くなっていた。

初めて自分が作ったモノに対して愛着湧いたのに。

あの足のレプリカ、どこに行ったんだろう。

もう大丈夫だよ、戻っておいで。
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-21 00:32 | 日常

接点

大嫌いに懐かれ

大好きをドブに捨てた

二足歩行のアイツは言った

居なくなればいいのにって。

もう既に居ない人間なのに。
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-16 17:57 | 日常

思ったの。

人間の最高のエクスタシーって

生まれる瞬間と死ぬ瞬間、

この2つだと思った。

そう思わない?
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-11 23:43 | 日常

貪欲










あ、ほら、朝が堕ちたよ。
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-08 00:55 | 日常

例えば

急に天気が変るとか

急に気が変るとか

急に色が変るとか

急に好みが変るとか

今日みたいな感じ

好き。
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-05 23:34 | 日常

真っ赤赤っ赤

ばちん、ばちん、ばちん、と

今日、耳に3箇所穴を開けましたとさ。

全部で7つ。

右耳2つ。

左耳5つ。

左耳はピアスで渋滞。

耳以外にはもう穴開けないの。

そう、開けないの。

何が起きたんだろうね。
[PR]
by ivy-ntk22 | 2007-03-02 01:38 | 日常